裏スロを説明求められ困惑

「今日、チビスケがさ、裏スロって、何?と聞く。たまげたよ。」えーっ、嫌だ。小学生が、そんな言葉どこで?

「うーん、クラスの友達が親とパチンコへ行った際、耳にだそう」はぁ、連れてくわけ?「ま、親も色々。それよりさ、説明に困るよ。もう、そろそろ嘘でごまかせん年齢」

アハハ、子供の疑問にたじろぐ。「君は、裏スロを聞いた事ある?」全くゼロ、私の生活圏内外さ。単語だけでも、ヤバそう...。想像出来る。

「ま、俺もそんな遊びする時間も、お金も無いけどね」で、あの子にどう説明?「裏スロは、マシンの種類の1つとだけ。それ以上、知る必要ねぇべ。なぁ?」

おお、良き父親で安心。「でもさー、それぽっちで時間、かかりすぎ。えーと、そうかー等、前置き必要。自分で笑ちゃう、カッコ悪い」

うっかり知識、披露したくなるからね。「裏スロは必要ねーじゃん、チビに。詳しかったら、末オソロシや」

実は昔、「イナバウワー、何?」と質問され、実際に見せようとし、腰を自爆経験あり。